フェノブカルブとは

フェノブカルブ

フェノブカルブは、芳香臭のある無色結晶体で害虫駆除用の殺虫剤として使用されるほか、マイクロカプセルの中に入れられ防蟻剤としても使用されています。揮発性は低いとされていますが、吸入によって倦怠感、頭痛、めまい、吐き気、腹痛などの症状が出ます。厚生労働省の室内濃度指針値は3.8ppb以下となってます。

フェノブカルブは、シックハウス症候群の原因物質の1つと言われています。

・シックハウスの詳細については、室内環境空気測定|シックハウスのページを参照して下さい