ダイアジノンについて

ダイアジノン

ダイアジノンは、有機リン系化合物に分類され多くは防虫剤殺虫剤(ネキリムシ、タネバエ、ケラ、ヨトウムシなど)の成分として使用されています。特徴としては、無色でエステル臭と呼ばれる特徴のある臭気を持った油状の液体で吸入すると頭痛吐き気息苦しさなどの症状が出ます。また、吸い過ぎると赤血球コリンエステラーゼの働きを阻害します。厚生労働省の室内濃度指針値は0.02ppb以下となってます。

ダイアジノンは、シックハウス症候群の原因物質の1つと言われています。

・シックハウスの詳細については、室内環境空気測定|シックハウスのページを参照して下さい