テトラデカンについて

テトラデカン

テトラデカンは住宅塗料などの溶剤に使われ、灯油からも多く発生しますが水には溶けません。特徴としては、無色透明の液体石油と同じような臭いがします。健康被害については、皮膚や粘膜に対する刺激が強く、長期的に摂取すると吐き気や頭痛などの健康に影響を引き起こします。厚生労働省の室内濃度指針値は0.04ppmです。

テトラデカンを測定する方法は、VOCの標準的測定法(VOC固相吸着/溶媒抽出法/加熱脱着法/容器採取法)を用いて測定します。

テトラデカンは、シックハウス症候群の原因物質の1つと言われています。

・シックハウスについての詳細は、室内環境空気測定|シックハウスのページを参照して下さい