フタル酸ジ-n-ブチルについて

フタル酸ジ-n-ブチル

フタル酸ジ-n-ブチル(DBP)は、塩化ビニール樹脂の可塑剤(硬い塩ビ材料をやわらかくするための添加剤)、酢酸ビニル、ニトロセルロース、制汗剤、消臭スプレーや顔料などに使用されています。特徴としては、無色あるいは黄色味を帯びた油状の液体で健康への影響としては、気管支や喉、皮膚への刺激、胃の痛みを引き起こすと言われています。厚生労働省の室内濃度指針値は0.02ppm以下です。

フタル酸ジ-n-ブチルは、シックハウス症候群の原因物質の1つと言われています。

・シックハウスについての詳細に関しては、室内環境空気測定|シックハウスのページを参照して下さい